青梅・横田交流クラブ調印式

青梅・横田間の日米交流をしっかりとしたものにして行こう。そんな願いをこめて9月30日(水)夜福祉センターで、青梅・横田交流クラブ(会長:高木直)主催の青梅・横田交流協定書調印式が挙行された。正装した日米関係者およそ70名が列席。会場には厳粛な中にも和気藹々とした友好ムードが漂い調印式は大成功。横田基地からは第374空輸航空団司令官閣下マーク・ヒックス大佐以下高級指揮官を含む総勢20名が参加。其の陣容からまるで極東最大の空軍基地司令部そのものが青梅に移転してきたような感じを与えた。青梅側も、高木会長の粋な計らいというべきか、式典冒頭地元大正琴クラブによる日米両国歌の演奏で一行を最大限歓迎した。高木会長がジェスチャーをまじえ見事な英語のスピーチを披露すると、司令官も負けじと日本語で答礼スピーチ。たどたどしい日本語の発音の中に誠意が感じられた。司令官の軍歴の中で最も困難な瞬間だったと推察する。
会場正面には日米両国の国旗が飾られ其の前でヒックス司令官と高木会長が交流協定書に調印した。温かい大きな拍手が会場を包んだ。司令官は、高木会長が日本式に押印したように、協定書に自分の名前を署名したあとなんとはんこを押して周囲を驚かせた。司令官が公文書に印鑑を使用したのは初めてだと基地広報関係者は明らかにした。日本文化に対する尊敬の念と日米友好親善に寄せる司令官の決意の程が改めて確認された格好だった。When In Rome、do as the Romans do.
尚会場には、民主党の山下ようこ新都義、関東防衛施設庁関係者、近隣市町村の日米友好協会長の顔と多彩だった。式典最後には青梅の観光名所のビデオが流され米軍関係者は大喜び。司会を田辺晃事務局長が務めた。会場には英語が飛び交い、青梅・横田交流協会の地元女性メンバーも流暢な英語をくっしして応対。そのホスピタリテイに将校夫人の笑顔が絶えなかった。もしもである、式典にダンス・アワーがセットされていたら「平成青梅鹿鳴館」といった素敵な夜会になったろう。今後に期待したい。

調印式に花を添えた地元青梅の大正琴クラブの面々。米日国歌を演奏し拍手喝采をあびた。見事な演出だった。思い出は司令官以下米空軍列席者の心の中に末永く刻み込まれるに違いない
f0059321_771954.jpg

マーク・ヒックス司令官のローレン夫人は間もなく第一子出産予定
f0059321_78047.jpg

フランク・エピック副司令官とアニタ夫人が会場に到着。高木会長(左)の出迎えを受ける
f0059321_710251.jpg

ヒックス司令官(中)も到着
f0059321_711416.jpg

司会をつとめた田辺晃事務局長(左)と横田側の女性通訳(右)。見事な通訳だった。調印式成功の大きな部分を彼女が担った。彼女のような女性が日米関係の最深部最前線の実務現場にいることを知りほっとした。
f0059321_7114033.jpg

高木会長(右端)の歓迎の挨拶
f0059321_7122641.jpg

「日米友好と世界の平和に寄与することを願う・・・」と高木会長。およそ3分間のよどみない英語のスピーチは感動的だった。
f0059321_713562.jpg

高木会長のスピーチに聞き入るヒックス司令官(右より3人目)、同左へ第515航空機動運用群司令官マーク・ベイカー大佐、第374整備群司令官クリストファー・マーデイス大佐、エピック大佐副司令官、清水保男青梅市商工会議所会頭
f0059321_7133850.jpg

青梅・横田交流協定書に署名する(左)ヒックス大佐司令官、高木会長(右)
f0059321_7145747.jpg


f0059321_7153913.jpg

署名後、印鑑を押印する司令官(左)と笑顔で見守る高木会長
f0059321_7162421.jpg



f0059321_717216.jpg


f0059321_7181516.jpg

協定書の文面を読み上げる高木会長
f0059321_7185064.jpg

押印した協定書を披露する司令官と会長
f0059321_7192694.jpg

協定書に押印後高木会長の胸に記念の青梅・横田交流メダルをかけるヒックス司令官(左)
f0059321_720067.jpg

来賓の紹介
f0059321_7203745.jpg

カンパイの音頭をとるエピック副司令官。日本語で挨拶を行なった。
f0059321_7211234.jpg

にこやかにカンパ~イ!
f0059321_7215191.jpg

右より第515航空機動運用群司令官マーク・ベイカー大佐、第374整備群司令官クリストファー・マーデイス大佐、一人置いて広報部ワット少佐
f0059321_7222530.jpg

会場のあちこちでカンパイラッシュ!
f0059321_72316.jpg

米軍将校の面々は箸の使い方がお上手です。
f0059321_7234588.jpg

ヒックス司令官夫妻。司令官は前任地が中東で戦闘機隊の指揮官として実戦経験有り。雰囲気は銀行マンタイプの物静かなジェントルマンとお見受けした。5月に青梅で開かれた米空軍ジャズコンサアートは青梅市民に感動を与えたと話すと「グレイト!」とひとこと。司令官は日本のジャズ人気を良く知っていて、奥様も「ジャズは日本からアメリカに逆輸入されている」などとのって来た。司令官の趣味は卓球とカヤック。青梅は日本一のカヌー(カヤック)のメッカで五輪4位の竹下百合子がいると付け加えた。司令官には是非美しい御岳渓谷でカヤックをエンジョイして欲しい。また、「中国海軍がまもなく大型航空母艦を就役させると太平洋に緊張が高まる」と切り出すと「That is right!」だった。
f0059321_7243258.jpg

日本語で挨拶するヒックス司令官
f0059321_7141638.jpg

エピック副司令官(左)と田辺事務局長夫人
f0059321_7572272.jpg

エピック副司令官夫人と交流クラブの女性メンバー
f0059321_758983.jpg


f0059321_7584931.jpg

左より山下ようこ都議、田辺事務局長、関東防衛施設局の面々。田辺氏と山下都議は都立国立高校の先輩・後輩関係だそうです(田辺氏が先輩)。山下都議は高校時代バドミントンの選手だった。
f0059321_7593154.jpg

パーテイを盛り上げた交流クラブの女性会員と司令官
f0059321_80879.jpg

左より清水会頭、ワット広報部少佐、高木会長。「青梅スポーツは創刊32年」と説明すると少佐は、「おれが幼稚園のときだ」と肩をつぼめた。
f0059321_804495.jpg

来賓の挨拶
f0059321_814696.jpg

山下都議(青梅・横田交流クラブ顧問)の挨拶。抑揚のある素晴らしい英語だった
f0059321_82317.jpg

「岩浪武夫氏は交流クラブの会計責任者です」と紹介すると司令官は「それならこのクラブは安泰だ」と早速握手となった。
f0059321_831672.jpg

会話が弾み友好親睦を深めた
f0059321_835914.jpg

清水会頭の音頭で日本式に手締めでお開き。
f0059321_843968.jpg

清水会頭に合わせ参加者全員で手締め
f0059321_852792.jpg

左より清水会頭、トレイバー・ジャン博士、岩浪会計担当部長。ジャン博士は日本語が堪能な民間人で横田基地の研究に打ち込んでいる。軍隊組織に歴史家を置いて厚遇しているアメリカが羨ましい。
f0059321_86752.jpg


f0059321_864482.jpg

お開き後も日米互いに名残を惜しんだ。
f0059321_872943.jpg

会場をでる横田基地の報道カメラマン(ウーマン)。左から二人目の女性
f0059321_881226.jpg

{See you again!]岩浪さなんと副司令官が硬い握手を交わした
f0059321_885071.jpg

青梅・横田交流クラブ役員の記念写真
f0059321_893465.jpg

[PR]
by omesports | 2009-10-05 07:03 | キンボール

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30