人気ブログランキング |

青梅ジュニアバドミントンクラブ全国大会優勝祝賀会

優勝旗やカップが飾られはなやかな祝賀会となった。 昨年12月末、千葉県で開催された第18回全国小学生バドミントン選手権大会で、青梅ジュニアバドミントンクラブ所属の岩元ミライ・渡辺俊和ペア(共に小学6年生)が抜群の強さを発揮しダブスル5連勝。同ペアの大活躍でシングルスでも完勝した東京都は団体戦で見事優勝。同クラブ初の歴史的快挙と荒井早苗ジュニアクラブ会長、松村美智子監督以下選手関係者は大喜び。1月23日(金)夜、市民会館会議室で優勝・入賞祝賀会が開かれた。参加したのは選手と保護者を含む60人。都立国立高校時代バドミントン選手だった山下ようこ都議(民主党)も臨席され選手を称えた。
同クラブは平成3年に創立され、43年の歴史ある青梅市バドミントン協会(会長:高橋照昌)に所属。熱心な指導者に恵まれ設立4年後に甲田俊介選手(当時小6)がクラブ初の全国大会に出場し注目された。甲田選手は現在社会人リーグで活躍中。他のOB選手の活躍も素晴らしい。現在埼玉栄高校2年の秋元直美選手は埼玉栄中学3年時に全中大会団体戦で5位アジアユース大会ダブルスで準優勝。今や埼玉栄高校のエースとして今後に期待がかかる。また、平成15年の全国高校選抜大会で上田佳奈選手(当時越谷南高校3年)が団体戦準優勝。さらに平成18年には平野拓弥君が埼玉栄高校3年時に団体戦全国優勝を果たしている。
昨年平成21年には、バドミントンの甲子園大会といわれる若葉カップ小学生全国大会団体戦5位入賞。前述の全国大会での団体優勝にくわえ個人戦でも4年女子ダブルスで秋元未幸・大野真美ペアが5位、6年男子ダブルスの岩元ミライ・渡辺俊和ペアも5位入賞と青梅ジュニアの名声は今や全国的。両選手も「夢は五輪に出て世界一になること!」と頼もしい。
尚、ジュニアクラブの指導者は松村監督以下コーチ5人で充実している。その一人松村愛美コーチは現役選手で全日本社会人選手権に東京代表として出場するほどの実力選手。日体協の2級コーチライセンスを取得し選手育成に燃えている。一昨年、母親の松村美智子監督も東京代表として全日本シニア選手権ダブルス3位入賞と衰えを知らない。
「オグシオ」ペアが一時日本バドミントン界を牽引した。そのうち青梅のイケメン「ミライ・トシ」ペアの時代が来るに違いない。街が明るくなりそうだ。楽しみである。

左より松村監督、山下都議、高橋会長
f0059321_11513453.jpg

青梅バドミントンクラブ全選手。有望選手が目白押しだ
f0059321_11521648.jpg

全国優勝の岩元・渡辺選手と左端松村監督、右端山下都議
f0059321_11525365.jpg


ミライ・トシコンビは食欲も旺盛です
f0059321_1117541.jpg


祝賀会は子供たち中心に行なわれた
f0059321_11533393.jpg
山下都議の祝辞
f0059321_11541289.jpg

若葉カップ全国大会団体戦5位入賞の10選手
f0059321_11545559.jpg

全国大会のビデオ観賞
f0059321_11554574.jpg

OBで埼玉栄高2年の秋元直美さん(中)。右端が松村愛美コーチ
f0059321_11562476.jpg

充実したコーチングスタッフ
f0059321_11565546.jpg

by omesports | 2010-01-23 10:01 | バドミントン

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30