青梅アイスホッケークラブ全国大会で大活躍!

青梅アイスホッケークラブ(監督:関義巳、部長:奥住尚弘)が全国大会で大暴れ。2月7日から13日にかけ栃木県日光市で第78回全日本アイスホッケー選手権大会が開かれた。全国各地の予選を勝ち抜いた高校・大学・社会人・実業団等30チームが参加。東京から平成22年度東京都社会人秋季大会優勝の青梅クラブと同準優勝の伊藤忠商事の2チームが出場。青梅は1回戦で石川県選抜と対戦。第2ピリオドまでゴールキーパー坂田の好守により2-2のタイ。第3ピリオドに入り一時2-3とされるが同13分に4-4とし、さらに同17分にFW小林がリバウンドを押し込み4-3で辛勝。2回戦の相手は、高校ベスト8の八戸工大一高。1,2年生主体の若さ溢れる相手に対して青梅は社会人の巧みな戦術で対抗し5-3で工大一を撃破。3回戦は関東大学リーグチャンピオン強敵東洋大学。青梅は仕事の関係でベストメンバーが組めず苦戦。それでも第1ピリオドはキーパー水野裕〔今井、青梅総合病院勤務〕の好守で2失点と健闘。がその後はスタミナ切れで隣防戦一方となり11失点。最後、青梅は早稲田大学出身の青木が執念のゴールを決め社会人の意地を見せたが1-11で大敗。今大会で東京代表の青梅と伊藤忠2チームは3回戦まで進出し東京都社会人Sリーグのレベルの高さを証明した。青梅クラブには元実業団チーム「コクド計画」のOB小堀・山崎選手が所属しており、全国的にも知名度が高い。楽しみなチームである。



選手名:水野裕 横山慶太 岡野利則 遠藤慶至 丸山朋宏 山崎浩市  黒澤英司 吉岡茂樹
    田辺隆史 遠藤康至 早川雄樹 小堀恭之 平野翔太 小林靖典 大嶋健介 渡邉賢志
    小沼勇規 鈴木雄三 葛西智裕 高真一郎 平子勝之進 大野好章 宮崎貴司 山際雅之     村上雅一 青木 隆 奥住尚弘 高村忠伸
    
 
関監督の話「選手は真剣に戦った。3回戦進出を果たしほっとしている。がさらに上を狙うには課題もある。今後もみんなで力を合わせてがんばって行きたい」


怒涛の攻撃必死の守り堂々全国大会3回戦進出!青梅の名を高めた青梅アイスホッケークラブの戦士たち
f0059321_21262760.jpg


f0059321_7544964.jpg

熱戦風景 右の4人が青梅
f0059321_7553023.jpg

ロッカールーム
f0059321_7562410.jpg

戦況を見守る青梅ベンチ
f0059321_757178.jpg

by omesports | 2011-04-24 08:20 | アイスホッケー

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31