菅生の杉山和誠君大活躍!関東中学校硬式テニス大会新人戦で優勝!

青梅市内河辺市民球技場に人工芝テニスコートが来春完成する。青梅テニス界は大喜びである。そんなテニス界にさらに嬉しいニュースが飛び込んできた。市内長淵在住の川杉正和教諭(数学担当,29才)が監督を務める東海大学菅生高等学校中等部硬式テニス部が、11月に開催された第18回関東中学生新人テニス選手権大会団体戦の決勝戦で、埼玉県の強豪越谷市立栄進中学に3-0で快勝し見事優勝に輝いた。菅生は東京大会で優勝し都代表として出場。チームを引っ張ったのがキャプテンの杉山和誠君(2年)で青梅2小出身の期待の選手。小学2年のときに永山テニスコートで青梅市テニス協会の伊東コーチの指導を受けメキメキ上達し中学は私立の菅生に入学。菅生の男子硬式テニスは関東はおろか青全国的にも有名で全国中学生テニス選手権大会団体戦に5年連続9回出場し優勝3回を誇っている。個人戦でも全日本ジュニア選手権他各種大会で立派な成績を収め好選手を輩出している。菅生は多摩地域の小学生テニス選手にとってあこがれの存在となっている。
キャプテンとしてチームの先頭に立つ杉山君は数学が大好きで、インタビューの時もプレー同様てきぱきと答えた。メガネの奥の柔和な目は自信にあふれ「お世話になった青梅のためにも一所懸命プレーして全国を目ざしたい」と語った。
現在の部員は10名で恵まれた環境のもとで毎日授業終了後のおよそ2時間練習に打ち込んでいる。当面の目標は12月の東京選抜ジュニア選手権で来年2月にはトヨタ杯ジュニア東京大会が控えている。杉山選手の活躍ぶりは青梅テニス界でも高い関心を集めている。意欲あふれる熱血指導の川杉監督のもと是非飛躍して欲しい。

川杉監督の話「杉山君はキャプテンとしてシームの先頭に立ち期待している。目標?夏の全国大会優勝です。ところで青梅に人工芝テニスコートができると聞き大変喜んでいます。画期的なことで青梅や広く西多摩地域のテニスの普及とレベルアップに大きく貢献すると思う。土のコートは選手の膝に負担がかりゲームの質が落ちる。オムニ化でそれが軽減できる。今後青梅から良い選手が生まれることが期待でき楽しみです」

青梅テニス協会会長関塚実氏の話「関東大会優勝おめでとう。杉山選手の活躍は青梅にとって嬉しい。来年夏の全国大会が楽しみです。青梅市内のテニスコートのオムニ化が決まった。これにより今後杉山君のような有望選手が青梅から多く出て来ると思う」

選手名:2年生 小桧山 駿 松本智紀 宮部赳志 杉山和誠(主将) 萩森建太(部長) 渡邉 幹 後田凌佳
    1年生 菊地恭介 寺村拓海 吉田有希

11月関東新人大会優勝時の記念写真。目標は全国制覇!
f0059321_17543193.jpg

10月東京新人大会優勝時の記念写真
f0059321_1755949.jpg

練習は概ね午後4時過ぎから始まる。右より川杉先生杉山主将
f0059321_17595969.jpg

ウオームアップ開始。先頭に立ってチームを引っ張る杉山君〔左端)
f0059321_1801841.jpg

夕日を浴びながら川杉先生の真剣な表情
f0059321_1803637.jpg

細身の身体から強烈フォアを放つ杉山君
f0059321_1805125.jpg

杉山君のバックハンドも力強い
f0059321_1812228.jpg

お手本披露の川杉先制。率先垂範が先生のモットーです
f0059321_1813683.jpg

練習後のスナップ
f0059321_1815133.jpg

テニスコートに隣接の人工芝サッカー場。素晴らしい!
f0059321_182764.jpg

サッカー部の練習風景
f0059321_1822185.jpg

女子ソフトボール部の練習グランド
f0059321_1853717.jpg

by omesports | 2011-11-29 15:47 | テニス

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30