吉野ベースボールクラブ読売新聞杯の1部で優勝!!

このところ吉野ベースクラブ(監督:岩田勉)に勢いがある。乗っている。4月27日、第35回青梅市春季少年野球大会1部で河辺ジャガーズを破り優勝。そして5月25日には第13回読売新聞青梅杯青梅市少年軟式野球大会決勝でまたも河辺ジャガーズを9-7で破り優勝に輝いた。場所は吹上小。
1回表吉野は河辺先発の福村君の立ち上がりを攻め、一死から連続四球と、盗塁で2・3塁とした後、4番山崎君が左中間へタイムリー2塁打を放ち幸先良く2点を先制。これで楽になった吉野の先発金野君は、立ち上がりこそヒットは打たれたものの、制球の良い落ちついた投球で、3回まで河辺打線を無得点に抑えた。吉野打線の勢いは止まらず、4回表に四球とバントヒットで作ったチャンスに、1番小林君、3番金野君のタイムリーヒットなどで4点を奪い、吉野が7点のリード。
一方の河辺は5回裏、先頭打者が内野安打で出塁すると続く2人が四球を選び満塁のチャンス。コントロールの良い吉野のピッチャー金野君は連続四球を出し、明らかに動揺していた。河辺打線がその動揺を見逃さず、3番鈴木君の左中間タイムリー2塁打で2点を返した後、再び満塁とチャンスを広げた。ここで河辺の6番堀君が気持ちのこもった意地のスイングで起死回生の満塁ホームランを放ち、9対7と2点差まで追い上げる。があと一歩及ばなかった。
この優勝により吉野BCは、上部大会であるSAVASジャビットカップ出場が決定しナインは大喜び。最優秀選手賞(MVP)には吉野BCの2番センター清水海翔君が選ばれた。清水君はトーナメント戦4試合を通じて見事なバッテイングを見せ優勝に大きく貢献した。

吉野選手名:小林幸太 清水海翔 金野慎ノ介 山﨑太陽 仙石悠斗 大野智悠
       岡村健汰 野村俊輔 若林研 間野田将汰 菱沼優翔 河村日向
       吉川俊太 青木奔人 田村一晟

キャプテン野村俊輔君「決勝戦は競った試合になったけどチームワークの良さで優勝出来ました。チームは学年関係なくみんな仲がいいのでSAVASジャビットカップでもチームワークを大切に全員野球で一つでも多く勝ちたいです!」


MVPの清水海翔君「優勝できて嬉しいです。決勝戦で6点も取られたので、上部大会では大量失点が無いようにしたいです。走塁・バッティングをもっと磨き、ピンチの時には大きな声でピッチャーを盛り上げ、一つでも上を目指して頑張りたいです」


岩田 勉監督「今回の優勝は、みんなで力を合わせて勝ち取った優勝だと思います。苦しい場面もありましたが、なんとか踏ん張ることができたのはチームとして力が付いてきたものと思います。今回の結果だけに満足せず、更に練習を重ねより良いチームを目指します」

見事優勝の吉野BCナイン
f0059321_1422912.jpg

優勝、歓喜の瞬間ナインは帽子を空高く投げあげた
f0059321_1442319.jpg

優勝旗を手に全員で記念写真に納まる吉野BC
f0059321_1452120.jpg

MVP賞の清水海翔君(左)とキャプテン野村俊輔君(右)
f0059321_1461134.jpg

[PR]
by omesports | 2014-06-14 14:00 | 少年野球

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31