第29回青梅少年剣道選手権大会

先達は後世に大いなる遺産を残した。毎年7月に新町天神社社前で開かれる青梅少年剣道選手権大会である。今年が第29回目で来年30周年を迎える。光陰矢のごとし。早いものだ。神社の境内に立つと井戸を掘ったお二人、青梅少年を語る会初代会長をつとめた水村一郎自民党都議会議員(故人、当時幹事長)と、都議とタッグを組み剣道発展に尽くした舘盛光教育委員長(故人)の顔を思い出す。大会は、日本が絶頂期にあった昭和時代の末期に発足したもので、「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」との理念を掲げ,青少年の育成に貢献している。歴代の入賞選手の名前は神社の側壁に其の名が刻まれている。この日木村一茂大会副会長(青梅市剣道連盟会長)が小学5年生個人戦で優勝したお孫さん、森元奏吉君(小曽木剣道教室)と一緒に歴代の入賞選手の掲額を見上げる姿が印象的だった。木村副会長の長男は第1回大会の小学5年個人戦で優勝。そしてその長男の甥にあたるお孫さんが今回優勝。30年後今度は、森元君がわが子に向かって、「あれが、おとうさんだ。30年前に優勝したんだ」と誇らしげに掲額を見上げる日がやってくるだろう。そばにいた舘盛和大会会長が言った、「来年30周年には掲額のスペースがなくなる」と。いずれにしても歴史を感じさせる一幕である。
尚、第29回青梅少年剣道選手権大会は7月20日(日)に開催された。主催が「青梅少年を語る会」(会長:舘盛和、多摩ケーブルネットワーク代表取締役社長、青梅商工会議所会頭)で青梅市剣道連盟(会長:木村一茂)と新町御嶽神社(総代長: 指田實三)が協賛。例年だと酷暑の中での大会となるがこの日は涼しい風が吹き大会はスムーズに進行。開会式に先立ち木刀による剣道基本稽古法が、元立ち高阪脩人君(東青梅剣道会)と掛り手佐藤七帆さん(東青梅剣道会)により披露され拍手喝采を浴びた。選手宣誓を青梅中央道場の塩塚雄己選手が行った。アイスクリームが会場の全員に配られた。
団体戦入賞チームには「少年よ大志を抱け」(将棋の永世名人大山康晴氏の直筆)と墨書された幟他が、又個人戦入賞選手にはカップ他が授与された。大会後の直会(なおらい)では、早くも30周年記念大会に話が及び、年末には30周年記念大会の準備にとりかかると大いに盛り上がった。

舘盛和大会会長の話「剣道は礼節と相手に対する思いやりを重視するスポーツです。関係者で力を合わせ来年の30周年に向け益々頑張っていきたい」
木村一茂大会副会長(審判長)の話「第1回大会に出場した選手は40才を迎え社会で活躍している。幟に書かれているように大志をいだいて進んでほしい」
新町御嶽神社総代長指田寶三氏の話「御嶽神社と新町天神社、それぞれ文武の神様として遠く九州大宰府天満宮よりご分霊を拝受し、新たに新町天神社を奉祀し、この地を文教の府としてさらに発展させたいと願っています」

成績は次の通り:
小学5年生個人戦          優勝  森元奏吉(小曽木)
                  2位  指田陽登(東青梅)
                  3位  片谷秀音(警察)
                  敢闘賞 森田創太(中央)

小学6年生個人戦          優勝  木下拓海(霞)
                  2位  中村圭統(錬心)
                  3位  清水琢光(錬心)
                  敢闘賞 塩塚雄己(中央)

小学5年生団体戦          優勝  東青梅剣道会
(指田陽登、相原駿平、小峰祥子)
             2位  青梅中央道場
                  3位  御岳剣道双葉会

                    
小学6年生団体戦          優勝  青梅錬心舘
(中村圭統、鷲尾有紀子、清水琢光)
                  2位 霞剣友会
                  3位 青梅中央道場

池田昌四郎大会顧問(左)と舘盛和大会会長(右)
f0059321_533748.jpg

試合開始、本部席に向かって礼
f0059321_5334140.jpg

熱心に観戦
f0059321_53463.jpg

左より木村一茂大会副会長舘大会会長関塚泰久副実行委員長
f0059321_5342784.jpg

大会参加者全員にアイスクリームが配られ大好評でした
f0059321_5344979.jpg

我が子の熱戦を熱心観戦する
f0059321_5351595.jpg

小学5年生団体戦の小峰祥子選手(東青梅剣道会、右)と森田創太選手(青梅中央道場、左)の白熱戦
f0059321_5353994.jpg

本部席で観戦する左より青木照和副実行委員長舘大会会長木村大会副会長関塚副実行委員長
f0059321_536953.jpg

激しく打ち合った小学6年生団体戦の大将戦。左が霞剣友会の大将木下拓海選手、右が青梅錬心舘の大将清水琢光選手
f0059321_5363066.jpg


f0059321_5365893.jpg

小学5年生個人戦優勝のお孫さん森元奏吉君(小曽木剣道会)に向かって木村大会副会長、「あれがお前のお母さんのお兄さんが小学生の時優勝した時の名前だよ。お前の名前もここに飾られる」と説明。歴史を感じさせる一幕だった
f0059321_539460.jpg

神社の側壁には歴代入賞選手の名前が刻まれている
f0059321_5392896.jpg

入賞選手の掲額を見上げながら舘大会会長曰く、「もうスペースがないな・・・」
f0059321_539556.jpg

小学5年生個人戦優勝森元奏吉(小曽木剣道会、左)右は舘大会会長
f0059321_5401854.jpg

小学5年生個人戦準優勝指田陽登選手(東青梅剣道会)
f0059321_5404276.jpg

小学5年生個人戦第3位片谷秀音選手(青梅警察署少年剣道部)
f0059321_541981.jpg

小学5年生個人戦敢闘賞森田創元選手(青梅中央道場)
f0059321_856127.jpg

小学6年生個人戦優勝木下拓梅選手(霞剣友会)
f0059321_5414278.jpg

小学6年生個人戦準優勝中村圭統選手(青梅錬心舘)
f0059321_542128.jpg

小学6年生個人戦第3位清水琢光選手(青梅錬心舘)
f0059321_5424348.jpg

小学6年生個人戦敢闘賞塩塚雄己選手(青梅中央道場)
f0059321_543854.jpg

小学5年生団体戦優勝東青梅剣道会
f0059321_543378.jpg

小学5年生団体戦準優勝青梅中央道場
f0059321_544516.jpg

小学5年生団体戦第3位御岳剣道双葉会
f0059321_5444523.jpg

小学6年生団体戦優勝青梅錬心舘
f0059321_6154135.jpg

小学6年生団体戦準優勝霞剣友会
f0059321_6161930.jpg

小学6年生団体戦第3位青梅中央道場
f0059321_6165347.jpg

閉会の挨拶木村大会副会長
f0059321_617248.jpg

閉会式、整列の選手たち
f0059321_6175084.jpg

整列する役員の面々
f0059321_618204.jpg

左より木村大会副会長、優勝のお孫さん森元奏吉君と母親です
f0059321_619184.jpg

大会終了後社務所で直会が開かれた。舘大会会長の挨拶
f0059321_6212092.jpg

カンパ~イ
f0059321_62149100.jpg

[PR]
by omesports | 2014-07-20 16:58 | 剣道

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31