上田康太、古巣ジュビロ磐田へ移籍

ジュビロ磐田は大宮アルディージャから青梅出身MF上田康太選手の獲得を発表。
昨シーズンは大宮からファジアーノ岡山に期限付き移籍していた上田は途中加入ながらチームの柱として大活躍。7月には「コカ・コーラJリーグ月間MVP」(J2)を受賞。その後も正確な左足のキックを武器にゲームをコントロールし、J2の舞台でその力を存分に発揮し存在感を見せつけた。J1昇格こそならなかったが、岡山での活躍は高い評価を得た。
2014年12月9日横浜アリーナで開催された「2014Jリーグアウォーズ」(最優秀選手、遠藤保仁)においてJ2優秀選手「J2 Exciting 22」を受賞。2014年シーズンは上田にとって大きく成長した年となった。
ジュビロ磐田は上田にとってユース時代から過ごした特別なチーム。昨シーズンのジュビロ磐田は昇格プレーオフでモンテディオ山形に敗れ、一年でのJ1復帰はならなかった。
昨シーズン途中から低迷するJ2のジュビロ磐田を指揮することになった名波浩監督は現役時代左足の魔術師と言われた名選手だった。日本を代表する上田の憧れの存在であり、上田はユース時代から名波の後継者と言われてきた。しかも今シーズンは名波監督の現役時代の背番号「7」を継承。ジュビロ磐田にとっても上田にとっても勝負の年になりそうだ。上田の使命はズバリ磐田をJ1に昇格させること。背番号「7」を背負ったレフティー上田の活躍に期待が高まる。

上田選手の話「ユース時代から自分を育ててくれた憧れのジュビロ磐田に復帰でき光栄です。チームとファンのために一所懸命プレーしたい。応援よろしくお願いします」

上田選手得意の左足のコーナーキック。ジュビロでもほとんどのコーナーは上田が蹴るだろう
f0059321_648120.jpg


上田選手の変幻自在の左右へのパスがジュビロの命運を握るだろう
f0059321_6162086.jpg

左より上田選手筆者そして千明選手。昨年10月群馬県の正田醤油スタジアムにて
f0059321_6565581.jpg

[PR]
by omesports | 2015-01-31 11:18

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31