好天に恵まれ第49回青梅マラソン大会開催

2月15日(日)第49回青梅マラソン大会が開かれた。心配された雪は降らなかったが風が強かった。前年の第48回大会は雪のため中止。ボストン市、北京市、友好姉妹都市ボッパルトからの選手も参加。
主催が靑梅市、報知新聞社、(公財)東京陸上競技協会・青梅市陸上競技協会・(一財)青梅マラソン財団で、30キロ・10キロロードレースに国内外から男女およそ15800人の市民ランナーが初春の奥多摩街道に健脚を競った。
注目の30キロ・ロードレース・男子の部で優勝したのが長谷川清勝選手(JR東日本、31才)でタイム1時間33分6秒。記録的には低調だった。同女子の部では天児芽実選手(キャノンAC九州、24才)がタイム1時間46分52秒で、ともに招待選手が、初優勝を飾った。青梅市出身の招待選手松本昴大選手(PUMA RC,27才)は1時間45分24秒で32位。同選手は新町中―佐久長聖高―明治大学陸上部に進み新春大学箱根駅伝で明治復活のため大活躍した。
30キロの部スペシャルスターターをロンドン五輪女子体操日本代表の田中理恵さんが務めた。シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋直子さん(42才)や同男子マラソン銀メダリストのエリック・ワイナイナさん(41才)がそれぞれ10キロを走り市民ランナ-と交歓した。

             川島岳君が選手宣誓の大役

大会前日の2月14日(土)午後総合体育館で開かれた開会式で選手宣誓の大役を立派に果たしたのが青梅市役所の若手のホープ川島岳さん。なかなかのイケメンで招待選手と間違えられるほどだった。父親は青梅サッカー揺籃期の代表選手で俊足ウイングだった。その血を引いているようだ。
今大会スポンサーからコカコーラの企業名が消えた。何か問題があったのか憶測を呼んでいる。来年は50周年記念大会となる。青梅マラソンは奥多摩渓谷駅伝競走大会と並んで青梅市と市民にとって貴重な無形資産であり観光資源である。青梅市民一丸となって盛り上げていきたい。


           中村奈都子30キロで総合10位、池田初美が同20位!

地元青梅選手も良く頑張り大会を盛り上げた。先ず、30キロの女子の部で中村奈都子選手(青梅若草RRC)が総合10位で池田初美選手(青梅走ろう会)が総合20位と大健闘。池田初美選手は同50才代の部では3位入賞。同60才以上の部で高柳良子選手(青梅レデイース)が11位。
一方、30キロ男子の部40才代で今井俊則選手(青梅走友会)が10位。10キロの部男子60才代で仙石光男選手(青梅陸協)が優勝し3連覇達成。同60才代の部で岡崎安隆選手(青梅若草RRC)が4位、五十嵐嘉一選手(末広クラブ)が5位入賞。
10キロ50才代女子の部で黒沢小百合選手(くもん青梅、大門)が4位。同40才代の部で竹内亜希子選手(青梅市陸協)が6位。同60才以上の部で下田三枝子選手(JC青梅むつみ)が6位と力走した。
11月の市長選を控えこのところなにかと動向が注目される竹内俊夫市長(70才)は10キロの部70才以上で47位(56分30秒)。環境・内閣府副大臣歴任の井上信治先生(45才)も10キロ40才代で201位と大活躍だった。

主な成績:
一般男子30キロ: 優勝 長谷川清勝(JR東日本)1時間33分6秒
 同上40才代:   優勝 和田孝司(多摩川クラブ  1時間43分38秒
             10位 今井俊則(青梅走友会)  1時間52分27秒
             17位 八木光洋(青梅むつみ会) 1時間55分12秒
  同上50才代:  優勝 奈良部悟(東京都庁)   1時間54分11秒
  同上60才代以上: 優勝 山崎 進(しばたさくら) 2時間05分00秒
               18位 佐藤 優(青梅むつみ会)2時間15分57秒

男子10キロ高校:  優勝 遠藤宏夢(国学院久我山) 30分41秒
男子10キロ40才代: 優勝 赤間順一(生越石川眼科)32分23秒
               5位 五十嵐嘉一(青梅末広クラブ)34分32秒
             
   同上50才代:  優勝 風祭正樹 34分27秒
   同上60才代:  優勝 仙石光男(青梅陸協) 37分39秒
              4位 岡崎安隆(青梅若草RRC) 40分02秒         
              7位 林 正敏(青梅RC)41分50秒
              9位 嶋田明博(東芝青梅OB)41分54秒
   同上70才以上: 優勝 鳥取克行(いきいきクラブ)41分45秒
               9位 根岸秀暢(青梅走ろう会) 47分02秒
一般女子30キロ:   優勝 天児芽実(キャノンAC九州) 1時間46分52秒
               10位 中村奈都子(青梅若草RRC)2時間7分57秒
               20位 池田初美(青梅はしろう会)  2時間11分46秒
   同上40才代:   優勝 佐々木寿子(東京ウイングス) 2時間00秒44秒
            
   同上50才代:  優勝 石川 操(坂戸GH)2時間04分47秒
              3位 池田初美(青梅はしろう会)2時間11分46秒
   同60才以上:  優勝 鈴木美津江(日野走友会)2時間24分06秒
              11位 高柳良子(青梅レデイース)2時間49分06秒
   女子10キロ高校: 優勝 元廣由美(八王子高) 33分52秒
   同上40才未満: 優勝  西山路佳(コモデ゙イイイダ)35分54秒
   同上40才代:  優勝 広瀬光子(東京WINGS)36分52秒
              6位 竹内亜希子(青梅陸協)42分35秒
   同上50才代:  優勝 谷 真美(日野JAC) 38分32秒(大会新)
              4位 黒沢小百合(くもん青梅)44分40秒
              7位 遠藤真加子(鼓代神RC)   47分22秒
   同上60才以上: 優勝 臼井共子(神宮AC)44分49秒
               6位 下田三枝子(JC青梅むつみ) 49分24秒
   
チーム戦男子10キロ: 優勝 ランデボ爆走組(鈴木琢治、宮本英明、飯島直之)
                 1時間53分40秒(大会新)
チーム戦女子10キロ: 優勝 リスペクト~女~(寺崎育子、高田百合、金井知香)
                 2時間06分28秒(大会新)




武井凜生君優勝、靑梅の中学生超苦戦

年年盛り上がるジュニアロードレース。しかし地元青梅選手が超苦戦している。今回も中学生男子部門の上位10選手はあきる野西中選手他が独占し靑梅の入賞選手はゼロ。マラソンのまち青梅の将来を考えると心配だ。同中学女子の部で平田ひかる選手(三中)が優勝したが2,3位選手はあきる野西中選手他で青梅勢は振るわなかった。あきる野西中選手は公式陸上競技場である400mトラックのある秋留台陸上競技場を使用し鍛えていると聞く。青梅にはそのような競技場はない。青梅市としてこの問題を真剣に考えるべきではないだろうか。
小学生男女レースの距離は1.5キロで行われた。第23回全国小学生バドミントン選手権大会(2014年12月25日から29日にかけて新潟県新潟市で開催)の男子5年生以下シングルスの部で優勝した青梅ジュニアバドミントンクラブ(監督::松村美智子)所属の武井凜生(りき)君は小学男子5年生の部で見事な走りを見せトップでゴールンし拍手喝さいを浴びた。走ることはポーツの原点、ベースである。バドミントンで将来大成するためにもマラソンを続けて欲しい。

ジュニア・ロードレースの結果:

小学男子4年  :  優勝 河江温人 (三小) 5分47秒
           2位 西野雅渡 (二小) 5分54秒          
           3位 守谷勇輝 (四小) 6分00秒
 同 5 年:    優勝 武井凜生 (藤橋小) 5分30秒
           2位 浅田智哉 (霞台小) 5分43秒
           3位 古川 輪 (三小)  5分48秒
 同 6 年:   優勝 増田陸人  (二小) 5分11秒
           2位 市川翔悟 (二小) 5分14秒
           3位 武智大地 (二小)  5分17秒
小学女子4年:   優勝 虻川幸華  (若草小) 6分06秒
           2位 右田歩美 (三小)  6分12秒
           3位 師岡美欄 (三小)  6分24秒
 同 5 年:   優勝 竹谷みらい (河辺小) 5分39秒
           2位 木村彩那 (新町小) 5分49秒
           3位 相澤凪咲 (霞台小) 5分50秒
 同 6 年:   優勝 松井美里(新町小)  5分56秒
           2位 原沙知ナ(三小) 6分05秒
           3位 近藤結菜(二小) 6分12秒

中学男子:      優勝 松本 航(あきる野西中)     9分22秒
           2位 栃木穂高(あきる野西中) 9分24秒
           3位 中村 翼(あきる野西中)      9分39秒
           
 同 女 子:    優勝 平田ひかる(三中)10分54秒
          2位 木下明子(あきる野西中)    11分9秒
          3位 山田優里(中央大学附属中)11分10秒
          6位 齋藤綾奈(吹上中)11分47秒
          7位 大津葉子(西中) 11分57秒7  
          
          
f0059321_1512424.jpg

          選手宣誓の川島岳さん(後ろ向き)
f0059321_8384291.jpg

ジュニアロードレース表彰式のプレゼンターの面々
f0059321_840301.jpg

小学4年男女入賞選手
f0059321_8413481.jpg

小学5年男女入賞選手
f0059321_8422813.jpg

小学6年男女入賞選手
f0059321_843943.jpg

中学男子入賞選手
f0059321_8511959.jpg

中学女子入賞選手


f0059321_918284.jpg

女子10キロ高校の部入賞選手
f0059321_9192522.jpg

女子10キロ40才未満入賞選手
f0059321_9201257.jpg

女子10キロ40才代入賞選手
f0059321_922526.jpg

女子10キロ50才代入賞選手
f0059321_9224643.jpg

女子10キロ60才代以上入賞選手
f0059321_9251220.jpg

男子10キロ高校の部入賞選手
f0059321_926774.jpg

男子10キロ40才代の部入賞選手
f0059321_9265190.jpg

男子10キロ50才代の部入賞選手
f0059321_9274289.jpg

男子10キロ60才代の部入賞選手
f0059321_9282872.jpg

男子10キロ70才代以上の部入賞選手
[PR]
by omesports | 2015-02-24 14:53 | マラソン

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30