人気ブログランキング |

カヌースラロームの竹下百合子欧州で特訓中、目指すはリオ五輪

北京五輪カヌースラローム4位入賞の快挙を成し遂げ日本中を沸かせた竹下百合子選手。爽やかな百合子スマイルで靑梅に竹下ありと日本中にアピールした。7年前のことだ。その壮行会が霞共益会館で青梅のVIP総出で盛大に開催されたことが昨日のことのように思い出される。青梅が一体となり燃えそして盛り上がったことが懐かしい。
がその後、竹下選手はロンドン五輪出場の夢を断たれる。そんな時東証一部上場会社「キッコーマン株式会社」に就職が決まり会社上げての応援を受け再度日本一そして五輪の晴れ舞台に立とうと捲土重来を固く決意。努力の甲斐あって平成27年4月5日に行われた第38回NHK杯全日本カヌースラローム競技大会 兼 平成27年度日本カヌースラローム選手権大会 兼 平成27年度カヌースラローム日本代表選手最終選考会で優勝し、 2015年度日本代表入りを果たした。
見事にカンバックを果たした竹下選手は今年4月活動拠点をヨーロっパに移し9月の世界選手権に備えている。これまでイギリス、チェコ、スロバキア、ドイツ、フランスで強豪選手にもまれながらトレーニングを積み各国の大会に出場し腕を磨いた。
カヌースラロームの世界選手権はこの9月16日~20日まで英国のロンドンで開催される。試合会場は3年前に開かれたロンドンオリンピックの時と同じ人工コース。参加国は、55ヵ国程度と予想される。

スラロームなど各カテゴリーに各国から3名が出場できる。そしてリオデジャネイロ五輪の出場権を獲得するには、国別で上位15位以内に入らなければならない。非常に厳しいものになるがここはひとつ竹下選手の頑張りに期待しよう。竹下選手は9月4日チェコスロバキアからロンドン入りし本番に備える。
青梅市民とキッコーマン株式会社の全社員が一丸となって応援していることを胸にひのき舞台で存分に力を発揮してほしい!フレーフレー竹下!フレーフレー百合子!

竹下選手の話「北京オリンピックの後、目標としていたロンドンオリンピックに出場できず悔しい思いをしました。それでもNHK杯で優勝しまたこうして次のオリンピックに挑戦でき、そのチャンスをいただいたことにとても感謝したいです。それも多くの方のサポートや応援があったからです。この大会でなんとしてでもリオオリンピックの出場権を獲得し、そしてまた地元青梅を盛り上げられればと思います。市民のみなさん応援よろしくお願いします。全力で頑張ります」

3年前に御岳渓谷で開催された国体カヌースラローム大会開会式での竹下さん。これが魅惑の百合子スマイルです
f0059321_6383176.jpg

選手宣誓の竹下さん
f0059321_641149.jpg

竹下さん(左)と安藤太郎選手(右)
f0059321_6415167.jpg

左から二人目が竹下さん
f0059321_6431619.jpg

3年前の国体で竹内俊夫市長(右端)から祝福を受ける竹下さん(左端)。中は安藤太郎選手
f0059321_6434446.jpg

同じく幼稚園児と観戦中の竹下さん
f0059321_654890.jpg



  7年前の感激!竹下百合子北京五輪4位凱旋祝賀会の思い出

以下、7年前の青梅スポーツの記事です。北京五輪カヌースラローム4位の竹下選手の活躍に町中が沸いた様子を伝えています。もう一度こんな感激を味わいたいものです:

「平成8年9月13日(土)市役所前のスイ−トプラムで北京五輪カヌースラローム4位入賞の竹下百合子さんの凱旋祝勝会が開かれた。主催が青梅市カヌー協会(会長:藤野強)で体協が後援。井上代議士、野村都義、竹内市長、須崎議長、畑中教育長、田村体協会長、カヌー関係者他多数が出席し盛り上がった。会場には大きなスクリーンがセットされ、竹下さんが北京で活躍するシーンが放映された。また現地での写真や報道記事なども展示され参加者の興味を引いた。後半のインタビューコーナーでは竹下さんが北京五輪でのレースの模様や印象などについて語り会場は楽しい雰囲気に包まれた。竹下さんは気さくに写真撮影に応じるなど終始にこやかにふるまっていた。
尚祝辞の中で野村都議が注目すべき発言を行った。即ち2016年東京五輪開催を見据えて臨海公園に観覧席1万人規模の人口カヌーコースを設立する構想と平成25年の多摩国体カヌー競技大会(会場は御岳渓谷)に公的資金を3億円投入(4分の3を都が4分の1を青梅市負担)する計画のあることを明らかにした。この発言に藤野会長や東京都カヌー協会の伊能信円会長以下カヌー関係者は感激していた。また都義は次の新しい内閣のもとで「五輪招致の閣議決定」を早急にとりつけたいとし招致活動をさらに盛り上げたいと訴えた。野村都義は東京都議会オリンピック招致特別委員会委員長として世界をまたにまさに東奔西走南船北馬の活躍である。が状況は厳しそうだ。過去、大阪、名古屋の五輪招致に失敗したニッポン。次の東京で負けるわけには行かない。野村都議を後押しし是非2016年東京五輪招致を成功させたいものだ。

会場は壮行会以上に盛り上がった
f0059321_7572435.jpg

会場では大きなスクリーン一杯に北京での熱戦の模様が放映された
f0059321_7575682.jpg

主催者を代表して藤野会長の開会の挨拶
f0059321_7585465.jpg

会場は祝賀ムードで一杯だった
f0059321_7594359.jpg

青梅期待のジュニア選手森田さんから花束贈呈
f0059321_801490.jpg

「皆様の応援のおかげで4位入賞できました。ありがとうございます」と挨拶の竹下さん
f0059321_805499.jpg

竹下浩太さん(父親)の現地レポート
f0059321_813252.jpg

竹内市長の祝辞
f0059321_82866.jpg

井上信治代議士の祝辞
f0059321_824852.jpg

野村有信都議の祝辞。「東京五輪での人工カヌーコース設立構想と多摩国体で地元御岳に3億円の公的資金投入計画」を明らかにした。地元を愛する実力都議らしい迫力ある発言だった
f0059321_832321.jpg

須崎明議長の祝辞
f0059321_841112.jpg

伊能東京都カヌー協会会長の祝辞。伊能氏は伊能忠敬の子孫です。
f0059321_844275.jpg


田村体協会長の「渓流のモナモナ・・・」としたユーモアあふれる祝辞
f0059321_863617.jpg

同会長の音頭でカンパ〜イ!
f0059321_871340.jpg

竹下さんに向かってカメラのフラッシュ
f0059321_881554.jpg

左より伊能会長、竹下さん木村一茂青梅市剣道連盟会長
f0059321_894798.jpg

青梅市柔道連盟の伊藤会長(右)は早稲田の先輩として竹下さんを励ました
f0059321_8101984.jpg

好評だったトークショウ。
f0059321_8105698.jpg

左藤野会長右西中の對馬校長先生
f0059321_12495885.jpg

左より藤野会長地引体育課長ジュニアコーチ
f0059321_812023.jpg

竹下選手の活躍を伝える写真が展示された
f0059321_8123767.jpg

f0059321_8134293.jpg

畑中教育長、對馬校長先生、白沢先生他教育関係者と竹下、有望ジュニア選手たち。「教育長さんジュニア選手を激励してください」とお願いしたところ快諾していただきこの写真となった。
f0059321_8144579.jpg

「竹下選手は19歳で五輪、私は19歳で世界選手権に出ました」と浜中市議。市議は初代青梅市カヌー協会会長で日本カヌー界のパイオニア
f0059321_816129.jpg

祝福を受ける竹下さん。そのもてなしぶり(ホスピタリテイ)は丁寧で立派。
f0059321_8175259.jpg

カヌー関係者の記念写真
f0059321_8182484.jpg
       」
by omesports | 2015-08-29 08:56 | 218

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31