呉服屋さんに空手選手

青梅市内の勝沼町にある有名呉服店「創作呉服 しらい」に空手選手が働いているとちょっとした話題になっている。4月17日インタビューにうかがった。社長は青梅市ゴルフ連盟理事長を務める白井尚さんでたまたま訪問した時女性用の反物を手になにかと打ち合わせ中だった。
青年の名前は佐藤大記。この春東洋大学法学部企業法学科を卒業し青梅に来た。生まれは秋田県秋田市で実家は呉服屋さん。将来実家を継ぐため白井社長のもとで5年間修行する。
身長171センチ、体重73キロで引き締まった身体の佐藤さんは空手選手で初段の腕前。小学校6年の時から始めた。中学生になるとめきめき上達し県代表として全国大会に出場。県立男鹿工業高校で学び県代表としてインターハイに出場し団体戦ベスト16入り。大学時代には全日本選手権で団体戦3位入賞を果たした。青梅に来て一番嬉しかったのは河辺の総合体育館で空手ができるとわかったときだ。早速、同空手教室の指導者である泊親会の長谷目秀久会長に挨拶に出向き温かい歓迎を受けた。佐藤さんを喜ばせたものがもうひとつ青梅にあった。ダーツである。青梅スポーツ第165号で目にした青梅ダーツ選手権の記事にこみ上げるものがあった。伊藤さんの趣味は空手のほかにダーツとビリヤードそして音楽鑑賞。特にダーツには自信がある。是非ハードダーツの青梅チャンピオン川島岳選手にチャレンジしたいと目を輝かせる。白井呉服店でみっちり5年間修行し、その間スポーツを通して青梅市民と大いに交流を深めて欲しい。

左佐藤大記さん右白井尚社長
f0059321_18573987.jpg

[PR]
by omesports | 2007-05-17 11:29 | 空手

インターネット 青梅スポーツ


by omesports
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30